津軽三味線の構え方


『三味線の構え方』#三味線の基本 #神戸の三味線教室

兵庫県神戸市にある津軽三味線教室 三絃小田島流 神戸支部の泉タカヤスです。

お稽古のある時の「お稽古ブログ」とは別に『津軽三味線の基礎的なコト』をお伝えさせていただければと思います。これから三味線を始めようとしている方、習い始めた初心者の方、また興味がある方々の御参考になれれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。
(私自身年数だけは10年程になりますが、まだまだ勉強中の身でもありますので〜 その辺りはどうぞよろしくお願い致します!)

津軽三味線の構え方

まず、三味線(津軽三味線)の構え方です。
おいおい〜 構え方なんて、” 簡単じゃねー!?” と思われてる方!!

いやいやいやいやーーーー

” かまえ 大事ですからーーー!!!”

と、私は声を大にして言いたいのです。何事も「かたち」って、めーーっぢゃ大事っすカラー!

空手とかでも(2年位プチ習ってました)
お茶やお花でも(習った事はありませんが多分)

” 形 (カタチ) ” って、めっちゃ大事なんです。
私がお仕事としてしている『整体手技』もカタチって凄く大切。て言うか、全部ですょね!

だって形が下手そうだったら〜 やっぱヘタだし、上手そうなカタチはやっぱり上手い。と言うか、もう ” カタチが美しい ” んですょね〜〜〜
これは、楽器などの芸術系はもちろんスポーツから書道から立ち居振る舞いに至るまで〜「形(所作)の美しさ」はやっぱり大切で、そのまま技術に繋がるもんなんです。

だから、よく『わたしカタチから入るタイプだから♫(笑)』てのもあながち間違いじゃない。てか、お稽古は『真似る(まねる→まなぶ)』ことですもんね。
いやー
カタチ(構え方) で、これ程熱くなる自分に少しビックリ。

でもね、私は整体の仕事を本職としてしておりますが、この「かたち(姿勢)」ってメッーちゃ大事なんです。

よく姿勢矯正とか骨盤矯正、猫背矯正とか言いますが ” 人(動物・生き物)としての構造や生理的な理想形 ” が大切なので、ほんとに整体と津軽三味線があいまって熱くなってしまうんですょね〜〜〜 いや、かたちが悪ければ やっぱり ” ロス ” が出てしまうし疲れるし、最悪 体の故障に繋がってしまいます。腰痛や肩こり、肩の関節の痛み、腕や手首の痛み、で以外に “首をめっちゃ痛めたり・・”

 

*詳しくは整体院のブログの方で記述致しますね。
とにかくカタチ大事ってことです!

これはお恥ずかしながら、
私の構え方です。まだまだ ” 三味線と一体になってないなぁーー‼︎ ” ですが、まぁまぁかなと。

これは、たまたま来られていた整骨院の患者様に三味線の持ち方・構えだけしてもらって記念にパシャり♫

案外様になってるのが、すげー と普通に今見て思いますね〜

これ、いや なかなかっすょ!

女性の方は ” 津軽三味線って重い ” から、持つの大変なのですが、イイ感じです。
まあ、慣れれば大丈夫なんですけどね。
でも特に「津軽三味線大会」などで色んな人の構え方(カタチ)を見てみるのも面白いかもですょ〜〜

そして、” プロでもそれぞれのカタチ ” があります。私的には師匠(二代目 小田島 徳旺先生)のキレイな構え方は素晴らしい〜 なのですが、ぜひその師匠の生構えや演奏などぜひ三味線に興味ある方は体験・見学に来て下さいね〜〜

お気軽にお問い合わせ下さいね。
まぁ、

慣れたら大丈夫ですけどね!構え方は。
でも、大事っす!

それと、、


この様に‥
少しお腹が出て来ると〜 お腹に邪魔されて、三味線が構えにくくなるのでお気をつけてですーー!!

*ちなみに当院では痩身ダイエットサロンもしておりますので、「お腹が邪魔で三味線が弾きにくい‼︎」という方のお悩みにもご相談承りますネ。
結論

カタチ・構えは大事

でも、慣れるから〜
大丈夫だょー !!って事です。
三絃小田島流の津軽三味線教室は、
伝統のホンマもんの三味線教室でありながら、和気あいあいの楽しい雰囲気も大切にしています。ぜひ、社会人になってからの趣味として、またお子様の特技や教育としてご活用くださいね〜〜 お待ちしております!

投稿者プロフィール

イズミ タカヤス
イズミ タカヤス三絃小田島流 神戸支部長
津軽三味線/秋田三味線・三絃小田島流の神戸支部長の泉公庸(イズミ タカヤス)です。津軽三味線の音色に魅了されて30代を過ぎてから三味線教室に入門。三絃のもつ魅力にどんどんハマり、2011年1月に名門三絃小田島流に入門。二代目小田島徳旺先生に師事する。2017年5月26日より正式発足した神戸支部長に就任する。士業として整体整骨院を営んでいて体の健康回復の治療・整体を行っている。